人体熱解析専用モジュール

TAIThermとともに進化し、先進な人体熱解析モジュールをお客様にお届ける

人体快適性でユーザーエクスペリエンスを飛躍させる

快適性はユーザーエクスペリエンスに支配している。TAIThermによる人体快適性シミュレーションで、運転中のドライバは快適を感じれるか、兵士は砂漠に作戦展開しているときに、着ている軍服は日射、熱気から身体を守れるかなどを定量的に予測することが可能になる。人体快適性がよいか悪いかはシミュレーションをすることで原因分析を徹底し、メカニズムを理解した上で自信をもって対策を立案でき、可視化した結果で対策効果は一目瞭然。

人体快適性解析の先進技術を用意している

TAIThermには先進な人体熱モデルと快適性モデル両方とも搭載している。人体熱モデルで体温調節メカニズム(血管拡張・収縮、震え、発汗など)、着衣の影響を忠実に再現して、高精度的に人体各部位の深層温度、皮膚温度を解析する。快適性モデルは各部位のローカル温度感と快適性を予測し、GUI画面で可視化する。

製品特徴

バークレー快適性モデル

実証されているバークレー解析モデルを備え、ローカルと全体の温冷感と快適性を予測することが可能。リアルワールドと近い非対称的な温熱環境に対しても、高精度を維持できる。

男性と女性モデル両方を用意している

男性と女性に対して専用的なモデルを用意している、身長、体重、脂肪率をチューニングすることが可能。

人体生理学的な出力データは豊富

TAIThermの人体熱モデルは温熱環境に対して様々な生理学反応を定量的に解けている。発汗率、血流量、皮膚濡れ率、震え率などを確認することで、不快適になるボトルネックを究明することができる。