過渡熱解析の課題とEThermoの取り組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

熱はこの世にとってユニバーサル的な存在です。熱はエネルギーの一種でありながら、様々なエネルギー変換プロセスに伴って登場してあります。人間によって作られた製品は、エネルギーの入出力があれば、ある形で発熱していると言えるでしょう。内燃機関、電子機器(パソコン、携帯、テレビ)、電機(モータ)、電池など数えきれないです。

エンジニアは熱と向き合うのは宿命のようだと思っております。それは簡単ではないです、熱は本質的に不安定なものです。三つの手段で熱は自発的に移動できます:熱伝導、熱対流、輻射。空間的な熱拡散と伴い、時間的には温度の変化が表れています。

人間の生産活動と日常生活で使っている製品は、多数の熱源と極めて伝熱経路を抱えており、使用シナリオと動作モードがいろいろであり、発熱と放熱の変化が激しくて、温度は一定になるものはほとんどいないです。

つづき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA